PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松山千春コンサートツアー「ふわりふわり」回想録(お宝画像付き♪)


 
千春さんの昨年秋冬のコンサートツアー 

「 ふわり ふわり 」

ちわわのちいちゃん 





ママにとって夢のように素敵だった

東京国際フォーラムでの二夜

ちわわのちいちゃん   
 




かなり時が過ぎてしまいましたが

今回も自分の中の記憶を

綴っておこうと思います。

ちわわのちいちゃん       
   




松山千春コンサートツアー 2012 (Autumn & Wintter)

「ふわり ふわり」

11月29日(木)

東京国際フォーラム 1日目

ちわわのちいちゃん 





11月30日(金)

東京国際フォーラム 2日目

ちわわのちいちゃん 






「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」  (謎)

ちわわのちいちゃん     




ママのマニアックな目線で、勝手な感想を述べさせていただきますと

まず、いきなり1曲目でかなり来ます。

何が来るのかと言いますと「愛の歌ぁ~~~♪」って伸ばしながら見せる

千春さんの「これでもか!」という優しすぎる笑顔が、もぉ~かなりヤバイんです。

そして、両日の一部で歌われたOn the Radioでは

ラジオ番組のオープニングとして聴くのがほとんどだった曲が 

「ハ~ウ~~~♪」 「オンザ レイディオ♪」 という

バンドメンバーの皆さんのハーモニーとコーラスで

見事に再現されていたことに、とても感激。

あれ以来、番組のオープニングとしてラジオから流れてくるのを

耳にするだけだった「On the Radio」という一曲が

自分の中の特別な一曲になったことはいうまでもありません。

それにしても、グレートな曲の数々。

このツアーの最中に選挙に出る出ないの渦中いらっしゃったその陰で

きっと並々ならぬ葛藤や決意があったことが、強く伝わってくる、そんなコンサートでした。

そういう思いが伝わってきたからこそ、二日目のオーラス「蒼き時代の果てに」は

千春さんの心の叫びに聴こえて、泣けました。。

ちわわのちいちゃん 





毎年、秋冬ツアー時期の東京 丸の内界隈は

クリスマスイルミネーションに輝いて

とってもロマンチックな季節です。

ちわわのちいちゃん    
ちわわのちいちゃん  






そんな、ママが一番好きな季節に

ちわわのちいちゃん  






千春さんの歌に今の自分を映し

大切な人を胸に想いながら歩く大好きな街。。

ちわわのちいちゃん    





潤った心は目は映るものすべてを、より色鮮やかにし

この素敵な夜の街並みは、ずっと消えることのない輝く記憶・・・。

ちわわのちいちゃん 





今は、悲しいと感じられる気持ちさえもが

幸せと思えます。

ちわわのちいちゃん 





二日間の素敵な夜に乾杯の

「 わなびう 」

ちわわのちいちゃん       
 



千春さんで満たされた心に

美味しいと感じられるお酒と味噌煮込みうどんで

まさに身も心もポカポカ
 
「 いつもいっぱいありがとう  」

ちわわのちいちゃん 





確かに、オーラスの「雪化粧」率、高いです。

もっと違う選曲を・・・、そういう意見、時々目にします。

だけど、ママはそうは思いません。

バラ色だったり、複雑な思いで胸がいっぱいだったり

毎回違った思いで聴く雪化粧は、全く違う雪化粧だからです。

だからママは、雪化粧でいつでも泣けます。

その時その時の状況が、鮮明に蘇ってくるからです。

そして、惰性の毎日ではなく

笑っても泣いても、嬉しくても悲しくても、

そう感じれることをとても有難く思います。
 
何故なら、それは生きている証だから。

そして、そんな人間らしい気持ちで千春さんの歌と接することができる今を

とても幸せに思います。 

ちわわのちいちゃん 




ツアータイトルの 「 ふわり ふわり 」 という言葉だけで

人それぞれ、いろんなことを連想すると思います。

でもって、ママが思い浮かべたのは、目に見える形はないけれど

あったかくて 優しくて 、心が穏やかになるような、そんな何かです

そして、千春さんの伝えたかった 「 ふわり ふわり 」 それは幸せ ・・・。

ふわり ふわりと浮かぶ幸せ、数限りなく湧いてくる幸せ

愛と希望に膨らんだ幸せ、

そんな千春さんの思いを人それぞれの解釈で自分に重ね合わせる。

千春さん、どうしてこんなにママの心を打つ曲ばかり書けるの?って

いつもそう思ってしまいます。

以前、千春さんの言葉にありました。

「突っ走ったからといって、誰も褒めるわけではない。

引き下がったからといって、誰も卑怯だとか、臆病だとか言うことは無い。」と・・・。

自分が満足して、充実して、後悔のない道を歩く

人間は後悔という感情のある生き物だから、とても難しいことだと思うけど

自分の中で時々繰り返す、いつも心に留めておきたい言葉です。


すでに春のコンサートの日程も発表になっています。

何が起きても、千春さんから離れることはないんだろうな、自分。

あと1ヶ月ちょっとで、また千春さんに逢える、、、予定です 

ちわわのちいちゃん  
スポンサーサイト

| 千春さん | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cheechanmama.blog48.fc2.com/tb.php/1291-d032c0be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。