PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

X'masは特別な日。



いきなり新幹線。

昨年末の三連休のお昼前、引率者はママ一人です。


ちわわのちいちゃん 







お利口さんでおとなしくしていたちい子が

僕ちんのアイスに気付きました。


ちわわのちいちゃん 








賢い彼女は 駄目だとわかると諦めもいいw


ちわわのちいちゃん 








そうこうしているうち あっという間に名古屋。

ちい子は昔から公共交通機関の移動も全く心配ないし

僕ちんもすっかりお兄ちゃんになっちゃって 
 
一人の引率も以前に比べたらホント楽になりました。

しかもここからは 仕事の出張で前日から名古屋入りしていたT氏も一緒なので

ママの大役もひとまず無事に完了です。


ちわわのちいちゃん 






ちいをT氏にお願いして

お昼は僕ちんと二人で 名物のきしめんをいただきました。

下り新幹線のホームにある「住よし」のきしめんを食すのは

毎回 楽しみの1つです。

新幹線を降りた瞬間、あまりの寒さに縮み上がりましたが

熱々きしめんと美味しいおだしをすすって、身も心も温まりました。


ちわわのちいちゃん 






名古屋からはレンタカーで。

途中 久屋大通公園辺りの 閑静な街並みを楽しみながら

ドライブ気分で楽々移動。

名古屋から小一時間程のところにあるT氏の実家に立ち寄って

ちい子にはお留守番をお願いして

そこからまた車で数十分のところにあるお店で

親戚が集まって、震災の影響で延期になっていた

義父の三回忌の法要の意味を兼ねた会食がありました。


ちわわのちいちゃん 







会食のあとはT氏の実家へ。

積もる話は止む気配が無く

お茶で甘いものをいただきながらの二次会となりました。

義姉たちのお子さんはみんな成人されているので 子供は僕ちんだけ。

この二組の義姉夫婦と語らうひととき、

ゆっくりと流れる大人の時間は ママにとって とても居心地の良い時間。

義兄たちも話し上手で ママは時々僕ちんの世話を焼きながら

のんびりと聞き役でいればよい とても楽しく穏やかな時間なのです。


ちわわのちいちゃん 









一夜明けて 翌朝は快晴


ちわわのちいちゃん 






こちらに来たときはやっぱりモーニング。

お店は何軒かあるのですが この日の朝も 安心でゆっくりできるコメダ珈琲で


ちわわのちいちゃん 








ここ何度か必ず追加でオーダーしてしまう 甘~い誘惑 ミニシロノワールで

脳の奥までしっかりと目覚めさせてあげます。

T氏曰く、モーニングは名古屋の文化だそうなので

その中に混じって雰囲気を味わうだけで 満足度MAXです!!


ちわわのちいちゃん 






T氏の実家ではまったり過ごしていたので

写真が食べ物ばかりになってしまってお恥ずかしいのですがw

お昼は これもこちらに来たときしか食べられない すがきやのラーメン。


ちわわのちいちゃん 






T氏お勧めのクリームぜんざいもど~~ん!!!!!!

遅ればせながら 僕ちんとママは すがきや初体験でした

味はともあれ(謎w)  こちらの食べ物がいただけることが

とても嬉しくて とても満足なのです


ちわわのちいちゃん 








西日の眩しい帰りの新幹線は家族揃って乗車♪


ちわわのちいちゃん 








極寒の中、いつものように名古屋駅のホームで見送ってくれた一番上の義姉夫婦が

お土産に持たせてくれたバームクーヘンは 取り合いになるくらいの美味さ

これ以上ないくらい親しみのこもった笑顔で

新幹線の窓に貼り付いて 発車ぎりぎりまでて手を振り続けてくれる

  僕ちんはもちろんのこと、不束な嫁にまで

うわべだけでなく心から温かく接してくれる義姉夫婦の優しさは

会う度ごとに よりひしひしと強く感じられるようになっています。

その温かい気持ちをみんなで分かち合いたくて

バームクーヘンをほんの少しだけど ちい子にも分けてあげました


ちわわのちいちゃん 







この夜はクリスマスイブ。

旅の疲れをものともせず、夜は近くのお店でワインを少々w


ちわわのちいちゃん 







そして翌、クリスマス当日は義父の命日ということで

僕ちんのために小さなケーキは用意しましたが

特別なことは何もせず 義父に心の中で手を合わせて

静かに過ごした1日でした…。

我が家の12月25日は、これから先も ずっとずっと

こんな風に 静かに過ごす1日になるのだと思います。


ちわわのちいちゃん 







名古屋は慣れない遠いところというイメージと、息子とちいを連れての大移動を考えて

帰省となると、どうしても億劫な気持ちになったり

お尻が重くなってしまいがちなのが正直なところです。

でも、毎回のことながら 至れり尽くせりの温かいもてなしを受けて

帰ってきたときには とても大きな満足感でいっぱいになることが実感できます。

間違いなく 次はもっと名古屋が好きになるのが 手に取るようにわかります。

義母や義姉、義兄たちに心から感謝です。


ちわわのちいちゃん 

スポンサーサイト

| 帰郷 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cheechanmama.blog48.fc2.com/tb.php/1251-49cdbb39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。