PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「これじゃぁ台無しm(- - ;m)~」

朝方の雷雨は本当にすごかった~。
たまたま仕事中でまだ就寝前だった私はなんとなくちいのソワソワに気付いて
「もしかしてカミナリ
まさに大当たり
って本当に敏感だなぁとつくづく思いました。

そのうちにカミナリは『ゴロゴロ ドッス~ン』と恐ろしいくらいの音でどんどん大きくなり 窓の外はこれまたものすごい稲光
稲光フェチというちょっと変わった性質を持つ私はいてもたってもいられず 嵐のベランダに出ておNEWのデジカメで撮影を試みました。

まだしらみ始める前の暗い空
dc091220.jpg

そして「光ったぞ!」と感じた瞬間シャッターを押してみたら
ありゃりゃ
dc091216.jpg

こんな感じで光ってしまって 苦労の甲斐なく 残念ながら稲光は撮れず終い~

そうこうしているうちに息子が目を覚まし「コワイ コワイ」と号泣。

ふと気付くとちいもいない
狭い家のわりにはかなり捜すのに手惑いましたが トイレのタンク下で無事発見
dc091227.jpg

「ちい 大丈夫だよ、出ておいで」と何度呼びかけても駄目。
異常なほどガタガタ震えながら耐えている様子でした。
助けてやりたいけど カミナリさまがいなくならないことにはどうにもならないし。。。
う~ん 長い夜だよ~。。。
dc091233.jpg

そして重度の寝不足状態で朝起きると 早い時間に出勤した夫からメールが入っていました。
「すまん、靴下借りたよ」
えっ
よく見ると今日履くために用意しておいた私の靴下が片方しかありません。

そして「もしや!」と思い隣の部屋を見ると息子の枕元に夫の靴下が これも片方だけ落ちていました。朝方目を覚ましたときに息子が夫が用意しておいた靴下を隠してしまったようでした。

夫の衣類は全て私と息子が寝ている部屋にあるために 新しく靴下を出すことができなかった様子の夫。私たちを起こさないためとはいえ 自分の靴下と私の靴下を片方ずつ履いて出勤したらしい夫。

これも夫の優しさだと思って感謝しないとね

残った片方ずつをそっと私も履いてみました。
dc091237.jpg

「ゲゲゲ~ これじゃあ勝負服が台無しじゃん
スポンサーサイト

| 家族のこと | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。