2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真夏も日向ぼっこ。



今年もまた暑い夏がやってきて

早朝からギラギラと夏の日差しが差し込む我が家のリビング。

そしてどんなに暑くても、毎朝の日向ぼっこが

ちい子の日課であることには変わりありません。

初めこそ、目を閉じて気持ちよさそうにしていますが

すぐに、見ているこちらが心配になるくらい、舌をハァハァさせて

まるで、暑さ我慢大会みたいです。


ちわわのちいちゃん 







窓辺にもぐもぐベッドを置いてあげるのが少し遅れてしまうと

待ちきれずに、レースのカーテンをくぐるちい子。

窓辺の狭い縁に上手に寝そべって、甲羅干しを始めます。


ちわわのちいちゃん 





カメラを向けて、「ちいちゃん♪」って声をかけると

すぐに応えて すくっと立ち上がってくれた顔が、怪しい覆面強盗みたいで

思わず声を出して笑ってしまったよー



ちわわのちいちゃん






そして今度は、ひょっこり覗いた姿が

ベールを纏った花嫁さんみたいで 可愛くて可愛くて・・・


ちわわのちいちゃん 






そんな彼女の無垢で穏やかな表情を目にするだけで

ママは朝からとっても優しく満ち足りた気持ちでいっぱいになれるのです


ちわわのちいちゃん 






こんな平凡な朝、平凡な日常の中の

小さな気付きや発見、喜びが、心からのやすらぎへとつながるのだと思います。

ちいちゃん、ありがと


ちわわのちいちゃん 
スポンサーサイト

| ちいのこと | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラ・ボエム白金。


かなり前のことですが、サクっとアップしちゃいますので

よろしくお付き合いくださいませ。


今年、国生さんがご結婚された、 そう、あれは確か、チョコレートが美味しい季節の休日のこと・・・。

「ご結婚おめでとうございます!!」みたいなノリで

ご主人が経営されている、白金の「DOLCE TOKYO」に

プリンでも食べ行くべ!という話になりました。

家族の中ですぐに話はまとまり、向かったわけですが

なんと、臨時休業だったのでございます

大きいクマさんのぬいぐるみとちい子のツーショット撮るぞー!!と

張り切っていたので少しショックでしたけど、すぐに気を取り直して。


同じプラチナ通り沿いにある、こちらは結構行き慣れた

「ラ・ボエム」でお茶することにしました。 


ちわわのちいちゃん  





ちょっと前置き長かったですが、ここからはテンポよく行きます

相変わらず重厚な雰囲気の外装は、ヨーロッパの古城のような印象です。  


ちわわのちいちゃん      




ちわわのちいちゃん 






広々としたテラス席は、もちろんちい子ちゃんもOKです

店内へと続く、重厚なガラス扉の向こうから漏れてくる優美な灯り。


ちわわのちいちゃん   






というわけで、残念ながらちい子ちゃんは入れない店内の様子は

ラ・ボエム白金のポストカードのイメージ画像で・・・♪

広々とした吹き抜けに豪華なシャンデリアと食事を楽しむ人々の喧騒は

さながら、中世ヨーロッパの舞踏会の雰囲気でしょうか。


ちわわのちいちゃん






テラス席を囲む木々からは鳥たちのさえずり。

時折地上に降りてきては、賑やかに

地面に落ちたパンの粉とかをチュンチュンつっついてました。


ちわわのちいちゃん   






思わず立ち上がって覗き込む

激カワちい子ちゃんの視線の先には・・・


ちわわのちいちゃん 





温かいアップルパイの上に、冷たいアイスがのっかてるスイーツ。  

アイスクリーム1スクープは、ドリンクやデザートにのっけるだけで美味しさ倍増!!
 
ママは、まさに魔法の1玉だと思っております


ちわわのちいちゃん   






スイーツよりだいぶ先に出されたホットコーヒーは

アップルパイ登場のときには既に冷めてしまっていたのですが、

T氏が一言お願いすると、快く熱いのに入れ替えてくださいました。

コーヒーに映ってゆらゆら揺れる木々の葉っぱを眺めながら

なんとも心落ち着く時間でした


ちわわのちいちゃん     





今の季節なら、日が落ちる頃がいいのかな。

緑豊かなテラス席で一日の渇きを癒すビールなんて 最高ですよね

う~ん。ラ ボエムでの夕涼みが恋しくなってきちゃいましたー♪♪


ちわわのちいちゃん   

| 白金 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ママの誕生日。



去る7月7日は、年に一度の、ママの誕生日でした


ちわわのちいちゃん 





家族からは、ママが好きな黄色い花を中心とした可愛らしい花束。

ま~るいバースデーケーキは

きらきらと輝く天の川をゼリーで表現した七夕仕様とのことで

T氏曰く、イチゴがのってない分、いつもより300円安かったんだとかw

こういう気取らずに裏をバラしてくれちゃうところが

かえって嬉しかったりするのです…


ちわわのちいちゃん 






息子からは似顔絵とメッセージのプレゼントが


ちわわのちいちゃん 





前日に高熱を出して、学校にお迎えになったときは

どうなることかと思ったけど

幸い、熱は一晩で下がって

ママのために、元気なハッピーバースデーを歌ってくれた息子ちん。


ちわわのちいちゃん 





ハッピーバースデーは歌えないけど

ケーキ欲しさに、わけもわからず 最後まで参加してくれていた

ちいの確かな存在感

本当に本当にありがたかった・・・。


ちわわのちいちゃん 





そして少し遅れたけど、大大大好きな彼からも、ママがハートを射抜かれた

一等大好きな笑顔のカードが届きました


ちわわのちいちゃん   





この春くらいから一遍にいろんなことが起きて、それがずっと続いてて。

たぶん、いや、何となくだけど、今まで生きてきた中で一番

気持ちも安定せず、誕生日に集中できない誕生日だったように感じます。

なんか変な言い回しになってしまったけど、実際問題 そんな感じなのです。 

そんな中でも、Twitterも含め、たくさんのお友だちから おめでとうのメッセージをいただいたこと

とても嬉しくて、その一つ一つの個性的なメッセージを

何度も何度も読み返させていただきました。

ハァ~、ママは本当に幸せ者でございます。。  

そして何といっても七夕ですから、毎年気になる天の川の行方。

基本 雨の一日でしたが、夜は奇跡的に雨の上がっている時間もあったので

夜空を見上げて、お二人が逢えるといいなーとか、ボ~っと考えてました。 


そんなこんなで、心情的には少しザワザワとしたバースデー。

それでもやはり、今日を機にああしたい、こうしたい、

いろいろ考えていると、それなりにやる気もみなぎってきました。

息子とちいの幸せを一番に考えて、

後悔のない、充実した〇〇歳を過ごしたいと思います。


ちわわのちいちゃん 

| ママのこと | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月の花。



少し蒸し暑さを覚える梅雨時の午後

ちいを連れて地下鉄に乗り、数駅先まで出かけてきました


ちわわのちいちゃん






街の喧騒を抜け、遊歩道を進んでいく途中にある賑やかな公園。

学校帰りの子供たちで溢れ

今時のお洒落なお母さんたちが いくつかの輪を作って

井戸端会議に花を咲かせている・・・。

そんなどこにでもある ありふれたの日常と向かい合うようにして

横浜のあじさい寺 「 正覚寺 」 は ひっそりと佇んでいました。


ちわわのちいちゃん   



 


ひとたび山門をくぐると 先程までの喧騒が嘘のような静寂の中に

 時折 ウグイスの鳴き声だけが聞こえてくる別世界。

所々に、新緑の若草色が混じった、深緑の木々の中を歩いていると

先程までの日常とは 風や空気までもが変わったようにさえ感じます。


ちわわのちいちゃん 






御本堂を過ぎて、もう少し奥まで進むと 急に視界が開け

色とりどりの花々が咲く 美しい風景が姿を現しました。


ちわわのちいちゃん 






鐘楼堂の前を埋め尽くす花菖蒲。


ちわわのちいちゃん       
 





その菖蒲田を取り囲むように咲く紫陽花。


ちわわのちいちゃん 






それは、ため息が漏れるほどの

美しすぎる 6月の花たちの共演でした。


ちわわのちいちゃん      




 
今まで あまり深く意識することの無かった花菖蒲は

白、紫、薄紫の、おしとやかな大人の顔を持った、とても素敵な花でした。


ちわわのちいちゃん 






そして、そんな大人顔をした花を 心穏やかに眺めながら

頭の中はぼんやりと

幼い頃に折り紙で折った アヤメの花を思い出したりしていました


ちわわのちいちゃん     





ママとちいだけが存在する この美しい風景の中で

たった 1つ鳴り響いた、夕刻を知らせる「ゴーン」という鐘の音。

その残響の中で感じた、少し湿った6月の空気の匂いと感触が

子供の頃の記憶と重なって

何とも言えない ノスタルジックな気持ちでいっぱいになりました。


ちわわのちいちゃん     
  





色とりどりの可憐な紫陽花。


ちわわのちいちゃん 






白く清楚に咲く睡蓮の花。


ちわわのちいちゃん   





そんな6月の花々の凛とした姿は

ママの中に眠っていた郷愁を呼び覚まして

いくつかの迷いを忘れさせ、心に静寂をもたらしてくれました。    


雨の止み間の蒸し暑い午後でしたが 思いきって出かけてきて良かったと思える 

短いけれど とても意味のある時間を過ごすことができました 


ちわわのちいちゃん   

| ちい散歩 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。