2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペッシェ・グロッソ。




海の向こうに見えるのは三浦半島

良いお天気に恵まれた11月の祝日、絶景を眺めながらのドライブです 


ちわわのちいちゃん 







まだ午前中の11時過ぎ

少し早めのランチは Ristorante pesce grosso(ペッシェ・グロッソ)で


ちわわのちいちゃん 








海を間近に臨むこんな素敵なテラス席もあるのですが

まだ少し肌寒い晩秋のお昼前ということで この日は屋内へ。


ちわわのちいちゃん 








両サイドの二席のみになりますが

寒い季節と暑い季節にはとても有り難い、店内ワンちゃんOKのレストランです


ちわわのちいちゃん 








大きな硝子窓に囲まれた店内からの眺めは

青く澄み渡る大海原と水平線


ちわわのちいちゃん   






 
まるで海に浮かんでいるみたいです!


ちわわのちいちゃん 






出窓のカウンターもガラス張りになっているので

浅瀬だけど グラスボートみたいに海の底も見えて

気持ちがワクワクしました


ちわわのちいちゃん 








ガラスのカウンターはちい子の場合

「小さいワンちゃんですし そちらに乗せていただいても大丈夫です」みたいなお話でしたが

子供は例え小さくても カウンターに乗っかると優しくNGを出されます

危ないですし ご注意をw


ちわわのちいちゃん 








お料理もとても美味しかったので 一品一品アップしちゃいましょう♪♪


「 季節野菜のサラダ 」


ちわわのちいちゃん 







「 ピッツア マルゲリータ 」


ちわわのちいちゃん 






「 かきとうにのクリーム仕立てパスタ 」


ちわわのちいちゃん 








「 桜海老と葉ねぎのペペロンチーニ  」


ちわわのちいちゃん 







「 ローズマリーのフォカッチャ 」


ちわわのちいちゃん 







「 ドルチェ 盛合せ 」


ちわわのちいちゃん    






さて このピーカンの祝日のランチの日記が

今年最後の更新になります。

思い返せば 春には未曾有の大災害、

私事でも想定外の本当にたくさんのことが起きて

とても勉強させていただいた1年になりました。

このブログも結局思うようにアップできずにここまで来てしまいましたが

これからもマイペース中のマイペースで のんびりと続けて参りたいと思います。

皆々様がお元気で新年を迎えられますように…。

来年も ちわわのちいちゃんを どうぞよろしくお願い申し上げます。



ちわわのちいちゃん   

スポンサーサイト

| 真鶴・小田原 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンサートツアー2011秋「愛の歌」




二夜続けて 晩秋の東京国際フォーラムに行ってきました。


ちわわのちいちゃん 







ママの大大大好き

松山千春さんのコンサートツアー2011 秋

これまた今のママにピッタリのタイトルは  その名も 「 愛の歌 」 (謎w)


ちわわのちいちゃん 







昨日 札幌で無事に全日程を終えられた千春さんですが

東京も相変わらずのパワフルな歌とお話に酔いしれた

連夜の3時間越えのコンサートでした。


ちわわのちいちゃん 









今回のツアーは 合計4回も逢いに行ってしまったママですが

やはり恒例の全セットリストを 記録として残しておこうと思います。


まずは初日の9月29日はサンシティホール越谷。

ママの実家近くまで 片道2時間弱かけて 遥々出向いた越谷は

昨年秋の東京国際フォーラムに続いて2度目になる 実質最前列の席で

時々目を合わせながら 千春さんの問いかけに頷いたりして

緊張しながらも とても幸せな3時間でした


ちわわのちいちゃん 







続いて11月8日は 地元横浜の神奈川県民ホール。

目の前が山下公園という素敵なロケーションの会場では

千春さんを好きになって まだ10年にも満たない若輩者のママが言うのも何なのですが

この夜の盛り上がりは特に、特に凄かったです。

あまりにも感動が大きくて

「 ここ十年来 千春さんのコンサートに通わせていただいておりますが

あの地響きのように会場全体から湧き起こる歓声と拍手は鳥肌もので、

千春さん、バンドのみなさんと会場が1つになった

言葉では言い表せないほどの感動でした。。」 というような内容で

千春さんのラジオにメールを送ったら

なんとトップバッターでママのメールが読まれるという

これまた とても思い出に残る県民ホールのコンサートになりました


ちわわのちいちゃん 








そしてフォーラムの二日間。

キーボードでアレンジャーの夏目さんが突発性難聴を発症されて

代わりに稲垣雅紀さんという方が演奏していらっしゃいました。

代わりの方、業界では「トラ」と言うそうなのですが

たった1日のリハーサルで普通にこなしていて

ママもピアノをやってた者として 本当に凄いことだなぁと感服しました。


ちわわのちいちゃん 







そんなキーボードが急遽代役の方だったということで

千春さんの弾き語り以外は 珍しくアンコールもほとんど同じ曲でしたが

それはそれで 貴重なステージを見ることができたことは良かったかなーと

物は考えようで ルンルンにもなれる♪♪


ちわわのちいちゃん    


 




コンサートが終わって とても満たされた気持ちで歩く

ライトアップされたフォーラムのエントランスは

ママのようなオバサンも ドラマのヒロインにでもなったような

夢見心地にさせてくれます。


ちわわのちいちゃん 









しかもこの季節の丸の内は

イルミネーションが本当に美しくて。。。


ちわわのちいちゃん   







千春さんの感動と 晩秋の夜の空気と

イルミネーションの灯り。


ちわわのちいちゃん  








全面ガラス張りで X'masツリーがチカチカと光るお店に飛び込んでわなびう!

だって 外から見たら 温かな幸せの箱みたいに見えたんだもん


ちわわのちいちゃん









自分で撮った写真を見ても 改めて感激してしまうくらい

ロマンチックで素敵な夜でした。


ちわわのちいちゃん    
   






以下は今回のツアーで一番心に残った千春さんの言葉です。


「 けど恋愛は素晴らしいですよ。

たった1回の恋愛のために人生を棒に振る人もいるかもしれない…。

しかし、それでもいい。それが、あなたの、運命の 人だったんだから…。

2回3回といくらつきあっても運命の人と出会うことができない。

それに比べたら、たった1回の恋愛で人生を終えるのもまた人間かもしれない。

愛してください。悲しんでください。喜んでください。苦しんでください。悩んでください。

それは、あなたが生きている、証ですから…。 」


も~う ママ、完璧にノックアウトです


ちわわのちいちゃん 







そして今年の年末も家族の厚意に甘えて

恒例の九州一人旅に行かせてもらうことになっています。

せっかく行かせてもらうのですから 日頃の面倒なことも忘れて

目一杯楽しんでこようと思っています。

とは言っても 僕ちんとちい子のことだけは

片時も頭から離れないとは思いますが…


ちわわのちいちゃん 

| 千春さん | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海の釣りぼり 2



体調を崩してから なかなか調子の上がらないママを気遣って

家族が久しぶりに冬の海に連れて行ってくれました。


ちわわのちいちゃん  







南房総鴨川にある太海フラワーセンター


ちわわのちいちゃん    




 


南国風の庭園の先にある洞窟をくぐると


ちわわのちいちゃん 





そこはキラキラと輝く一面の海


ちわわのちいちゃん 






そうなんです、ママはここ最近 ず~っと釣りがしたくて

昨年 千倉の「 ステラ 」 さんにお泊りした帰りに立ち寄った

海の釣りぼりに 遥々連れてきてもらったのです♪


ちわわのちいちゃん 







魚釣りの餌になる小海老ちゃんが

気になって仕方ないちい子ちゃん


ちわわのちいちゃん 






結局 彼女が落ち着くまで ママのお膝に抱っこで

お久しぶりの魚釣りが始まりました


ちわわのちいちゃん 







とは言ってみたものの、前回もそうだったのですが

なかなか釣れないんです。

なので 業を煮やして すぐに立ち上がっちゃいました


ちわわのちいちゃん 







元々せっかちで じ~っと待ってるのが苦手の代表選手みたいな

本当はお魚釣りにと~っても不向きなママですから

海水を覗き込んで 魚がいっぱい居そうな場所を探したり

軽く小海老ちゃんを撒いて 魚おびき寄せ作戦に出てみたり


ちわわのちいちゃん 







最高の漁場を求めて 僕ちんと彷徨い歩きましたw


ちわわのちいちゃん 

 




そうこうしていると たくさん釣っていたご家族連れが

撤収して行かれたではありませんか!

もちろん言うまでも無く その場所を乗っとることに成功


ちわわのちいちゃん 








そしてとうとう。。。


ちわわのちいちゃん 







きたーーーーーーー


ちわわのちいちゃん 








引きも強くて それはそれは重たかったけど 僕ちんとちい子の熱い視線にも後押しされて

T氏が横から送ってくれるアドバイスどおり

頑張ってとにかく竿を上に向かって引き上げました。


ちわわのちいちゃん 






つ、つ、釣れた


ちわわのちいちゃん 







釣り上げた見事な鯛には 「ごめんね」と「ありがとう」を伝えて

再び海水の中に返しました。 


ちわわのちいちゃん  







寒さが緩んだ日曜日

曇りがちながら時々日もさす穏やかな冬の午後


ちわわのちいちゃん 








雄大な風景の中で家族とのんびり過ごした時間は ママの元気回復のための

最高のプレゼントになったことは言うまでもありません 


ちわわのちいちゃん  

| 房総 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遠い記憶。




秋から初冬にかけての青い空、透明な光


ちわわのちいちゃん 







赤や黄色の枯葉が積もったの落ち葉のフカフカ絨毯

そんな風景の中にいるだけで 何故か幸せな気持ちになれる気がします。


ちわわのちいちゃん 






春の色は穏やかで優しい気持ちになれる色。

それに対して晩秋から初冬にかけての色は

温かくてロマンチックに見える反面、どこか儚気で頼りなく寂しくて…


ちわわのちいちゃん 







ほっこり暖かな陽だまりでは目を閉じても そこは夢の中にいるみたいに明るい世界で

幼い頃からの思い出、それは嬉しかったこと、楽しかったことと一緒に

悲しかったことや寂しかったことまで

めくるめく走馬灯のように頭の中をかけめぐる。

そんなふうにして いったいどれくらい夢を見ていたんだろう…。


ちわわのちいちゃん  






ふと我に返って目を開けると

西日の逆光を透かして金色に輝くススキが

川面を渡る風にそよそよと揺れる光景。


ちわわのちいちゃん 






一瞬で涙があふれて泣けてきたのは

たった今 夢から覚めたばかりの瞳に映った光景が 眩しすぎたから?


ちわわのちいちゃん 






それとも疲れた心に優しすぎたから…?


ちわわのちいちゃん 

| ちい散歩 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お嬢の結婚式。



秋晴れの日の夕暮れ時

ママの大切な友人「お嬢」の結婚式に参列してきました。

天王洲アイルの式場の中にあるこぢんまりとしたチャペル。


ちわわのちいちゃん 







お嬢の大切な宝物

いちごちゃんとくるみちゃんも一緒に並んで歩くバージンロード。


ちわわのちいちゃん 







そのヨチヨチ歩きと愛くるしい表情が

少し緊張した雰囲気の場をなごませていました


ちわわのちいちゃん 






第一印象で何故かプロ野球選手みたい!!と直感でひらめいたハンサムな新郎。(謎w)

元々色白のお嬢も いつもにも増して美しく輝いて とても眩しくみえました。

普段と違っておすましさんしていた新婦ですが

指輪の交換では彼女らしいちょっとお茶目な表情も見せてくれて

普段の彼女をよく知っているママも 思わずニヤケ顔になってしまいました。


ちわわのちいちゃん 







そして結婚証明書には新郎新婦とご両親の記名と並んで

いちごちゃんとくるみちゃんの可愛い足型が

しっかりと記されていました


ちわわのちいちゃん 







ほかに知っている人がいなかったママは

お気に入りのエロくまちゃんをお伴に従えて参列。

「お嬢、幸せになるのだぞ!」の精一杯の想いを込めて

たくさんのシャボン玉を作りました。

虹色に輝きながらプカプカ浮かぶシャボンのシャワーは

アットホームなお式の雰囲気によく合っていて

とても温かく感じられました。


ちわわのちいちゃん 






お庭付きの有名レストランを貸りきってのパーティーでは

お式の緊張した雰囲気もすっかりほぐれて

新郎新婦も余裕の表情でした。

そんな中 お嬢を見つめる新郎の目がとても優しくて・・・。

彼女独特の感性や個性を全て受け止めているその優しい視線を見て

お嬢の選んだ彼は間違いなかったって確信できて 心から安心しました♪♪

そして彼女のお父様のご挨拶も。。

とても厳しいお父様だということで何度かぶつかったりした話も聞いていたので

娘を愛するお父様の言葉の1つ1つがよけい胸に響いて

友人であるママの心まで熱くなりました。


ちわわのちいちゃん 





以前のブログにも書いたのですが

友人と知り合いを自分の中でしっかり分けて考える彼女にとってのママは

1つ年上の職場仲間、間違いなく単なる知り合いの1人に過ぎない存在だったと思います。

それがいつしかいろんな話をするようになって「 しのぶ姉さん 」 と 慕ってくれるようになり

 ある日気付いたら 「 お嬢 」「 姉さん 」 と呼び合う かけがえのない間柄になっていました。 

愛情あまって時にはお小言ブーたれちゃうママですが

この先も何でも話せる姉さんとお嬢で居たい、、って心からそう思います。

ヒロシさん、お嬢、素敵なお式にお招きいただきありがとうございました。

これからも末永くお幸せにね


IMG_8144-11.gif 




| お友だち | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。